大分県でやっておくこと

大分県は県全域が観光資源と言ってもいいほどで、別府、湯布院、日田、九重、国東半島、耶馬渓などぱっと思いつくだけでもたくさんの場所が出てきます。
最近では「おんせん県おおいた」と言うくらいなので、やはり大分に旅行に行った際は温泉は外せません。
宿泊を伴う旅行ならもちろんのこと、日帰りのドライブでも温泉巡りを楽しむことが出来ます。
中でも全国的に有名なのが、別府温泉です。
300か所以上の泉源があり1日13万トンと、世界第2位の湯量を誇ります。

この別府エリアには、地獄めぐりやサンリオハーモニーランド、城島高原などの観光地があり、別府駅周辺では路地裏散策を楽しむ事が出来ます。
観光を楽しんだ後は、ゆっくり温泉に浸かるのが最高です。
別府八湯と呼ばれるそれぞれの泉質が異なる温泉があり、色々なお湯が満喫できます。
別府以外でも日田、湯布院なども有名な温泉どころで、別府とはまた違った雰囲気を味わえますが、いずれも別府同様、温泉だけではなく周りに多数の観光施設があります。
また、湯布院の水分峠から阿蘇を結ぶやまなみハイウェイは四季折々の雄大な景色を楽しめる最高のドライブルートです。
このやまなみハイウェイと温泉を体感することで大分の魅力を存分に味わえます。